読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はむけつだより

食と旅について

【台湾/台北】これからのお土産定番は「タロ芋饅頭」で決まり。パイナップルケーキはもう飽きたでしょ?

f:id:hamupocket:20160419224937j:plain

 

台湾土産といえば、猫も杓子もパイナップルケーキ。やれどこの店は果実感たっぷりだ、やれあの店はチーズフレーバーが楽しめるだ、いい加減もう、飽きました。これからの台湾・台北土産の新定番は、ずばり「タロ芋饅頭(タロ芋ケーキ)」で決まり!

 

タロ芋饅頭って何?お勧めは?どこで買えるのか…そのほか料金目安などをご紹介。日本では2016年4月24日現在、お手軽にお取り寄せする方法がないので、現地に行ったらマストバイです。

 

うまいぞタロ芋まんじゅう。

ご紹介するのは、台中に本店を置く「裕珍馨(ユージェンシン)」のタロ芋饅頭、「紫玉酥(読み方不明)」。個人的には「しぎょくスゥ」と呼んでいます。

 

f:id:hamupocket:20160424212718j:plain

 

目印はこの紫の箱と、「裕珍馨」の文字。

 

紫玉酥の大きさは?持ち帰るのに荷物になりそう・・・?

私が購入したのは4個入り。すべて個包装なので、お土産として配るにも最適であります。購入したのは4月11日で、賞味期限は4月21日と日持ちしたのもエライ子です。箱の大きさは17cm×17cm。厚さが5.5cmほどあるので、複数個購入して帰国する場合には少し、手荷物やキャリーケースに余裕があると良いですね。

 

f:id:hamupocket:20160424213516j:plain

 

 PS4のコントローラーと紫玉酥1個を比較してみました。思ったより大きいですか?丁度方向キーパッド部分より1まわり大きいくらい。

 

f:id:hamupocket:20160424213735j:plain

 

いろいろ測り方が間違っているという意見はあれども(はい、わかってます…涙)、直径は5cmくらいです。紫玉酥自体は厚さ4cmくらいあって、食べ応えバツグンですよ。

 

いったいどんな味なのか?

「これは本当にうまい」と教えられ購入した紫玉酥。最初はパイナップルケーキを買おうと思っていたので、1箱あたりの個数が少なく割高な紫玉酥には疑いの目・・・。でも、一口食べてそれは間違いだったと、気づくのでした。

 

f:id:hamupocket:20160424214059j:plain

 

紫玉酥は、何層にも重ねてふんわりと焼いた柔らかいパイ皮で“もったり”と自然な甘さを感じるタロ芋餡を包み、タロ芋餡のなかにはさらに、弾力のある米粉で作ったおもちをどどーんと忍ばせた逸品です。ころん、とした球型なのもまた、かわいらしいですね。口の中の水分はごっそりと持っていかれますが、渋めのお茶と合わせれば丁度よく楽しめるでしょう。

 

なんというか、「まんじゅう」ではないんですよね。パイなので。タロ芋自体もぶっちゃけそのまま食べたことないので「タロ芋の味」がわからないんですけど、今回、紫玉酥を食べて初めて「あっ、これがタロ芋の甘み!!」ってインプットしました。食感は、福島県郡山市の銘菓屋さん「三万石」のエキソンパイみたいな感じです。そこに、おもちが入ったイメージ。

 

噛めば噛むほどにひろがる甘味と香ばしさはクセになりますよ。パイナップルケーキもそうですが、紫玉酥は咀嚼回数が多いので、主食級の存在感。小腹の空きもあっという間に埋めてくれます。食べすぎ要注意。お値段も決して安くないので…(涙)。

 

紫玉酥の値段は?

紫玉酥は8個入り/化粧箱付きで320台湾ドルです。4個入り/化粧箱付きは160台湾ドル。そこらで購入できるパイナップルケーキは10個以上が入って、化粧箱が付いて平均450台湾ドルくらいですから、随分と高めなお買い物になるのは否めません。お得情報としては、公式ホームページでは現在8個入りが320→310台湾ドルと、セール価格です(日本にはまったく関係ないけど涙)。

裕珍馨(公式ホームページ)

伴手禮-裕珍馨

 

紫玉酥はどこで買えるの?

台中本店はもちろん、台北観光ではずせない「台北101」地下食品街で扱いがあります。地下食品街は夜22時まで営業しているので(金曜日・土曜日・のみ、例外あり)、展望台で夜景を楽しんだあとにのんびり買い求めるのがオススメです。裕珍馨のパイナップルケーキは受賞経験があるそうなので、特にこだわりがなければ一緒に購入するのが楽かも。

 

台北101專櫃
営業時間:
9:00~21:30(日~木曜日)
9:00~22:00(金・土曜)
住所:台北市信義區市府路45號(台北101購物中心)
電話:02-8101-7670
skype:02-8101-7670

 

上記以外のお店リストはコチラで案内されています。

 

結局オススメの理由って何よ。

台湾ファンも多い昨今でも、お土産の定番といえばまだまだ「パイナップルケーキ(またはその変り種)」や「アジアン小物」「お茶」のオンパレード。現地で食べる名物も、「小籠包」「マンゴーかき氷」「臭豆腐」だとか、そのくらいではないでしょうか?

 

だからこそ、少しお値段は張りますが、タロ芋まんじゅうを買って意外性を突く!…これが新、台湾土産の定番です。バラまき土産にはお高すぎますが、大事な家族や知人、台湾通への心を込めたお土産にはバッチリだと思いますよ。

 

▼参考にしたサイト

大台湾旅行ネット

食べ台湾

台湾CAFE「裕珍馨 台中が本店のパイナップルケーキ」

☆ 和 三 坊 主 の 和 菓 子 & 台 湾 菓 子 食 記 ☆「中華菓子リスト」